「鏡の法則」とはあながち嘘ではないと思ったこと | 小悪魔美容法
MENU

「鏡の法則」とはあながち嘘ではないと思ったこと

鏡の法則

生きてれば、

ナツコ
あーこの人苦手だなー

って、思うときありますよね。

 

それはそれで良いのですが

一歩ふみこんで、なぜ「苦手」「嫌い」って感じるのか、

考えたことありますか??

 

わたしの経験からすると・・

 

「苦手」「嫌い」なのは、

 

①実はその相手は自分と似ているから。

 

②実はその相手を羨ましいと思っているから。

 

この2つのどちらかの理由のことが多いです。

 

人って、自分と同じものに反応してしまうんです、

良い・悪い全てにおいて。

 

わたしの場合と言いいますと

 

①「偉そうなひと」が苦手で

「周りをきにしているひと」を見るとイライラしていました。

 

それは、きっと、

 

ナツコ
じぶんが偉そうに振舞って嫌われたくない

という気持ちが強くて、

 

「偉そうなひと」に過剰に反応してしまう。

 

(そもそも「偉そう」と判断するのは100%主観ですし・・)

 

「周りを気にしているひと」は、

そのまま自分の嫌な、

直したい部分を見せられているような気がするから、

イライラしちゃう。

 

②実はそのひとが羨ましい場合。

 

わたしは、ちゃらんぽらんな、計画性のない、

だらしないひとを見るとイライラしてました。

 

なんで、

ナツコ
わたしがちゃんとしてるのにあなたはそんなにテキトーなの?!

って。

タカハシ

 

それって、わたしが実は「ちゃらんぽらんでだらしなくなりたい」

 

のに見栄やら何やらでそうできなくて、

 

でもそれを軽々と実行してるひとがいるからキー!!うらやましー!

 

って、なってるんですよね・・・

 

 

まとめ

 

ナツコ
嫌いな、苦手な、見るだけでイラッとする!

 

 

という相手がいる場合。

 

それは、

 

①じぶんの真の姿

 

②じぶんが本当は求めている姿

 

どちらかかも・・・って思って、

 

じぶんの心を見つめてみてください。

 

じぶんの、本当の気持ちに気づくきっかけに、なるかもですよ。

 

高橋 名津子
都立上野高校、明治大学法学部卒業(株)ビームス入社、2年間販売スタッフを経て、2002年3月よりヘアワークフラックスのフロント兼マネージャーとして勤務。40代になり、体力も落ちてきてメイクを落とさず眠ってしまう毎日だけれどでも綺麗でいたい!(しかもできるだけ簡単な方法で。)
すぼらな私でも実践できる美容法、アンチエイジング情報を発信します。
心理療法士、アロマテラピーインストラクター

ヘアワークフラックス

  •  〒310-0911
    茨城県水戸市見和2-246-1 堤ビル1FA
  •  営業時間
    月〜金 10:00~19:30
    土日祭 10:00~18:30
  •  定休日
    毎週火曜日 第三月曜日
このページのトップへ