いくら高級なオーガニック商品だからといってもねぇ…【週刊 小悪魔の囁き1号】 | 小悪魔美容法
MENU

いくら高級なオーガニック商品だからといってもねぇ…【週刊 小悪魔の囁き1号】

シャンプー

先日、お店の休日を利用してお気に入りの

パレスホテルTOKYOに宿泊した際こんなことがございました。

 

いつもなら必ず持っていくはずのシャンプー

その日に限って、うっかり忘れてしまいました。

その件については

タカハシが面白おかしく

書いてくれていますのでご覧ください

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

旅行にシャンプーを忘れるととんでもないことになるんだなぁ

何故アメニティを嫌うのか?

 

そもそも、

なぜわたしがアメニティのシャンプーを

嫌うのかというと・・

せっかく今まで手塩にかけて「育てて」きた髪の質感が変わってしまうから。

 

そして、

髪を洗う→シャンプー剤が流れて

顔やカラダにもつきますよね?

成分にこだわったシャンプーならいざ知らず

何だかわからない成分が顔やカラダについてしまうのが

とてもストレスなんです。

 

肌荒れしてしまいそうで・・・

だから、そのような場合は

「髪を洗わない」

という選択も、アリ、なんです。

1日くらい洗髪しなかったからといって

死ぬわけじゃありません。

 

フランスでは1週間お風呂に入らないといいますし・・

(気候が違うといえばそれまでですが・・)

もし、あなたが旅行やお泊まりの際に

いつものシャンプーを忘れてしまったら、どうしますか?

 

備え付けのシャンプーにチャレンジしますか?

まあ、それ以前に

ナツコ
いつものシャンプーを必ず持っていく!

ということが大事なのです・・・。

アルマダのシャンプーがアメニティで使われるホテル無いかなぁ…

 

一人でも多くの方へフラックスのシャンプーの良さを知ってもらいたい!

というお客様が、こんなに嬉しいコメントを書いてくれました

是非ご覧になってください。

がっかりしてその度に また次の美容室を探す…の繰り返しでした。

 

毎日習慣のようにしているシャンプー失って

初めて気づかされることもあるのです。

 

 

高橋 名津子
都立上野高校、明治大学法学部卒業(株)ビームス入社、2年間販売スタッフを経て、2002年3月よりヘアワークフラックスのフロント兼マネージャーとして勤務。40代になり、体力も落ちてきてメイクを落とさず眠ってしまう毎日だけれどでも綺麗でいたい!(しかもできるだけ簡単な方法で。)
すぼらな私でも実践できる美容法、アンチエイジング情報を発信します。
心理療法士、アロマテラピーインストラクター

ヘアワークフラックス

  •  〒310-0911
    茨城県水戸市見和2-246-1 堤ビル1FA
  •  営業時間
    月〜金 10:00~19:30
    土日祭 10:00~18:30
  •  定休日
    毎週火曜日 第三月曜日
このページのトップへ