プロの美容師が教える!セルフカラーのメリット、デメリット | 小悪魔美容法
MENU

プロの美容師が教える!セルフカラーのメリット、デメリット

カラーリング

セルフカラーとは?

ドラッグストアなどで

よく見かける市販のカラー剤

 

CMでも

綺麗な女優さんが

さぞ自分で綺麗に染めました

とのイメージで流れていること

ありますよね

 

そのような薬剤で

自宅で自分で染めること!

を、言います

 

 

お客様

ここからの記事

やめたほうが良い!

って言うんでしょ?

 

 

 

ツカモト

…。

率直に言うと

そうですね…

 

プロの美容師が止めること

わかった上で

セルフカラーをしている方が

ほとんどだと思います。

 

確かに、メリットもある

私も、何も知識がない

学生の頃に何回か

セルフカラーをしたことが

あります

 

・経済的に安く済む

・染めたいタイミングでできる

 

 

お客様

白髪が気になるたびに

美容室に行っていたら

大変だわ!

 

 

 

お客様

お出かけ前に染めたい

美容室とタイミングを

合わせて染めるのが

めんどくさい

 

 

その、気持ちもわかります

 

 

セルフカラー デメリット

気軽に染められてメリットも

たくさんあるように見えますが

実は、それ以上に

デメリットの方が多いんです

 

・髪のダメージが大きい

・簡単に見せかけて、簡単じゃない

・ムラになりやすい

・色落ちが早い

・洗面所、浴室が汚れる

・希望の色にならない

髪がバサバサ

 

その理由

理由を語りだしたら

長くなるので簡単に説明します

 

美容室で扱っている薬よりも

はるかに強いです

誰でも、どんな髪質の方でも

染められるように

作られています

 

染まりにくい髪質

染まりやすい髪質

そんなの無視!

 

そんなにパワーが入らない毛先も

全力のパワーで染める

それは、ダメージにつながります

 

薬剤の塗布量のムラ

付いているところと

付いていないところも

あるはず

 

プロが染める場合は

顔まわりと襟足を塗るにも

塗布量を微調整しています

 

箱にのっている色を選んだからって

その色になるわけでは、ありません

残留カラーも計算し

プロは、薬剤を選択します

 

色持ちが良いように

ちゃんと後処理もしています

 

語りきれない

語りきれません

 

そもそも

プロの美容師ですら

自分で髪を染めません

スタッフに薬剤を塗布してもらいます

IMG_5208

 

 

ツカモト

デメリットが多いですね

 

CMに出ている女優さんだって

間違いなく

美容室でカラーをしていると

思います

あくまでもイメージですから

注意してくださいね

シャンプーのCMもそうですよね

 

まとめ

セルフカラーによる

デメリットは、かなり大きい

 

 

そして、たった一度の

セルフカラーでも

ムラになってしまったら

美容室でカラーをしたとしても

ムラを無くすこと

非常に難しいです

 

 

ツカモト

美容室でカラーリング

することオススメします

 

ツヤツヤ髪 素敵なお客様たち

 

 

 

 

 

ツカモト

ちゃんと、髪の毛を

いたわってあげて

ツヤツヤ髪になりましょう

 

 

塚本 尚美
私が心から思うこと、それはやっぱり「お客様が喜ぶ顔は最高!」と言うことです。傷みやクセ、加齢などなど…でもあきらめないで下さい。

髪の悩みをじっくりお聞きしてお客様に合う最善の方法を提案します。

髪が段々とキレイになっていき、周りの友達に褒められたり。そんなお客様の笑顔を見ると美容師やっていて本当に良かったと思います。

厚生労働大臣甲府 美容師免許 第173611号
日本ネイリスト協会 3級
管理美容師 平成21年度 第116号
RISO認定 カラーアナリスト


ヘアワークフラックス

  •  〒310-0911
    茨城県水戸市見和2-246-1 堤ビル1FA
  •  営業時間
    月〜金 10:00~19:30
    土日祭 10:00~18:30
  •  定休日
    毎週火曜日 第三月曜日
このページのトップへ