【アラフォーのメイクはさまよう】③ | 小悪魔美容法
MENU

【アラフォーのメイクはさまよう】③

ヘアワークフラックス メイク

こんにちは!

小悪魔美容部長のナツコです!

 

ずぼらなわたしは、

美容も最小の労力で済ませたい。

もしくは、時間かお金かどちらかで

解決する!というなら

できるだけ お金で解決したい〜

 

ということで、今回は小さいけど

差が大きく出る「もの」、ご紹介しますね

 

そこ、ケチる場所じゃないから

 

歯磨きのチューブは究極まで絞り

歯ブラシを中に突っ込む勢いで

使い切りる私ですが

 

「最後まで使いきらない」

「寿命まで使わない」

 

ことを決めているアイテムがあります。

それは、マスカラとパフ(スポンジ)。

マスカラ。

マスカラって、いつ替え時か

わかりづらいですよね。

 

でも、本体からブラシを引き抜いた時に

「カサっ」

という感触がしたらアウトです。

 

もちろん、多少マスカラ液は

残っているので

使えないこともないのですが、

 

マスカラがあまりついていない

ブラシでまつげに塗ると

「ダマになりやすい」のです!

 

最後まで大事に使っているつもりが

ダマダマのイケてない目元の原因に(´Д` )

 

マスカラは、常にブラシが艶やかに

濡れた状態で使うことが、綺麗なまつ毛の秘訣です。

 

パフ(スポンジ)。

ファンデーションをお顔につける

ときのパフ。

これも、ファンデーションが

なくなるまで同じパフを使う・・・

は、あまりオススメしません。

 

使ってるうちにだんだん

皮脂や化粧品で汚れてくるパフ、、、

 

単に汚れてるだけならまだいいのですが

滑りが悪くなったパフだと

ファンデーションが綺麗にぬれません。

 

汚れたパフだと、お粉のつきが悪いです。

パフやスポンジを洗う、という選択肢もありますが、

 

下手に洗うとガサガサになってしまうので

わたしは肌の上を滑る「感じ」が変わってきたな、

と思ったら新しいものに交換しています!

 

メイクのノリが、かわります

 

メイクのテクニックもなく、

研究する気もさらさらないのですが

「使うもの」少しこだわると

「メイクじから」が底上げされます!

 

高橋 名津子
都立上野高校、明治大学法学部卒業(株)ビームス入社、2年間販売スタッフを経て、2002年3月よりヘアワークフラックスのフロント兼マネージャーとして勤務。40代になり、体力も落ちてきてメイクを落とさず眠ってしまう毎日だけれどでも綺麗でいたい!(しかもできるだけ簡単な方法で。)
すぼらな私でも実践できる美容法、アンチエイジング情報を発信します。
心理療法士、アロマテラピーインストラクター

ヘアワークフラックス

  •  〒310-0911
    茨城県水戸市見和2-246-1 堤ビル1FA
  •  営業時間
    月〜金 10:00~19:30
    土日祭 10:00~18:30
  •  定休日
    毎週火曜日 第三月曜日
このページのトップへ