【アラフォーのメイクはさまよう】④ | 小悪魔美容法
MENU

【アラフォーのメイクはさまよう】④

石原さとみ

こんにちは!

小悪魔美容部長のナツコです

 

先日当店のスタイリスト菊池と

話していたのですが、アラフォーのメイクは

さじ加減が難しい!

 

加齢でまぶたが下がってくる

目を大きく見せたい

加齢で顔が大きくなる

(筋肉の衰え、ハリがなくなる)

顔を立体的に見せたい

シワやしみ、くすみ、が気になる

隠したい

・・・

 

逆に老けて見えますよ

 

そんなお悩みだらけのアラフォー!

でも、その悩みをカバーしようとして

 

・まつげエクステ

・アイライナー太く

・ディファインで目じたいを盛る

・チークを濃いめにつける

・気になるところにファンデーションを厚めに

 

みたいなことは、

実は逆効果なんです(´Д` )

 

なんとかしようとして

「盛った」箇所は、目立ちます。

 

目立つ、ということは見た人に

「違和感」を与えます。

 

「違和感」は「不自然さ」につながります。

 

その不自然さが、かえって

「実年齢」を浮かび上がらせてしまうのです(´Д` )

(つまり老けて見えるということ)

 

盛るのなら、あくまでも「自然に見える」ように。

(プロのメイクならそれが可能ですが)

 

それができないなら、

メイクは「頑張らない」!!

綺麗に見せたくて、よかれと思ってやったことが

逆効果だったらショックですよね。

 

アラフォー諸君、石原さとみは諦めよう

 

そして、

「流行のメイク」を取り入れるときは慎重に。

 

石原さとみちゃんみたいな

「ぷっくりリップ」可愛い〜!

からといって、グロスをたくさん塗ったり

オーバー気味に口紅を塗ったり・・

 

なれるものならなりたいですが、

やっぱり唇だけ目立ってしまうメイクはアウトです。

 

アラフォーのメイクは、

「一点豪華主義」=不自然、と心得ましょう。

「頑張ってる」感を与えないことが成功の肝ですね

 

高橋 名津子
都立上野高校、明治大学法学部卒業(株)ビームス入社、2年間販売スタッフを経て、2002年3月よりヘアワークフラックスのフロント兼マネージャーとして勤務。40代になり、体力も落ちてきてメイクを落とさず眠ってしまう毎日だけれどでも綺麗でいたい!(しかもできるだけ簡単な方法で。)
すぼらな私でも実践できる美容法、アンチエイジング情報を発信します。
心理療法士、アロマテラピーインストラクター

ヘアワークフラックス

  •  〒310-0911
    茨城県水戸市見和2-246-1 堤ビル1FA
  •  営業時間
    月〜金 10:00~19:30
    土日祭 10:00~18:30
  •  定休日
    毎週火曜日 第三月曜日
このページのトップへ