【老化は生きてる証拠だけど】最終回 | 小悪魔美容法
MENU

【老化は生きてる証拠だけど】最終回

フラックス ナツコ

こんにちは!

小悪魔美容部長のナツコです。

 

前回までのおさらい。

・老化は、体内の仕組みにより

40代から急激に加速。

・老化=酸化。

その原因は多岐にわたるので、

個人差が大きい。

・老化させないためには、

酸化を減らすことが大事。

 

わたしの、「老化=酸化」対策。

 

体内のことは見えないし

臓器のことは詳しくないので

ちょっとおいときますね。

 

わたしが大切にしてるのは、

「肌」

です。

 

肌は目で状態を確認することができますし

「内臓の一部」ともいわれるくらい

食事、睡眠、ストレスetc、

体内の状態が如実に肌に現れるからです。

 

じぶんの肌を観察していると

健康状態もなんとなく把握できるわけ。

 

わたしが

「肌を老化させない」ために

実践してることはたった2つ。

 

①糖質をとりすぎない

②肌にはマイナスの電子をたっぷり与える

 

糖質とは?

 

「糖質」は、とくに白砂糖が顕著ですが、

太るだけでなく「肌のたるみ」「炎症」

の原因といわれています。

 

スリムな方でもたるみと無関係ではいられません。

また、肌荒れしやすい、なおりにくい、

そんなときは糖質の摂りすぎが

原因の1つかも。

 

マイナスの電子とは?

 

「マイナスの電子」は、

フラックスでもおなじみ

「M3」という電子トリートメント。

 

よくお客様に、

「ナツコさんはどれくらお顔にM3をスプレーしてるの?」

と質問されるので、

この間カウントしてみました!

 

朝、顔を洗ってからメイクを始めるまで1時間半ほど。

その間、

1回につき10スプレー。

 

それを、顔が乾燥してきたな・・

と感じたらまた10プッシュ。

というわけで、トータル
10回くらい。

スプレー回数にして、

 

ナツコ
10プッシュ×10回=100プッシュ

 

でした。多いですか?

でも、どんどん肌に浸透していくのです。

 

スプレー容器をキッチンや

リビングにおいて

家事の合間にスプレーするだけだから、

ずぼらにはピッタリなんです

 

万一食べ物にかかっても大丈夫だし

顔から首、体に流れたら

逆にラッキー、です!

 

この2つを習慣にしてるおかげか、

年齢のわりには

若く見える、

ほうれい線やシワがない、

とよく褒めて頂けます( ^ω^ )

 

アラフォーの皆さまの、老化対策に

少しでもお役に立てれば幸いです

 

 

高橋 名津子
都立上野高校、明治大学法学部卒業(株)ビームス入社、2年間販売スタッフを経て、2002年3月よりヘアワークフラックスのフロント兼マネージャーとして勤務。40代になり、体力も落ちてきてメイクを落とさず眠ってしまう毎日だけれどでも綺麗でいたい!(しかもできるだけ簡単な方法で。)
すぼらな私でも実践できる美容法、アンチエイジング情報を発信します。
心理療法士、アロマテラピーインストラクター

ヘアワークフラックス

  •  〒310-0911
    茨城県水戸市見和2-246-1 堤ビル1FA
  •  営業時間
    月〜金 10:00~19:30
    土日祭 10:00~18:30
  •  定休日
    毎週火曜日 第三月曜日
このページのトップへ